学生お部屋探しナビ > 賃貸のマサキ (正木商事株式会社)のブログ記事一覧 > 【2021年奈良女子大学×賃貸のマサキ 地域創生プロジェクト第4弾】~レポート4 報告会~

【2021年奈良女子大学×賃貸のマサキ 地域創生プロジェクト第4弾】~レポート4 報告会~

≪ 前へ|【受験時のホテルの選び方】選び方の基準や予約をする時期・方法は?   記事一覧   奈良の大学賃貸専門家「木原一憲(キハラカズノリ)」|次へ ≫
カテゴリ:奈良女子大学コラボ記事

【2021年奈良女子大学×賃貸のマサキ 地域創生プロジェクト第4弾】~レポート4 報告会~



奈良女子大学の学生さん達とのコラボレーション企画『地域創生プロジェクト』第4弾


そのレポート4回目は、「報告会」と称して前回学生さんにプレゼンテーションいただいた案のなかから採用になったものの報告を行い、企画の感想を交わした様子をお伝えいたします。




ついに採用となる内装デザインが決定!


奈良女子大学×賃貸のマサキ 地域創生プロジェクト第4弾・ついに採用となる内装デザインが決定!


「学生さん目線からのお部屋づくり」をコンセプトとして、奈良女子大学の学生さんと私たち『賃貸のマサキ』でタッグを組んで進めていく一大企画『奈良女子大学×賃貸のマサキ 地域創生プロジェクト』


今年はその第4弾として、大学のほど近くに2022年完成予定の3階建て新築マンション(1LDK・全15室)の内装デザインを学生さんに手がけていただこうということで、7月の初顔合わせから着々と進めてまいりました。


そして前回、ついに学生さんが考えてくださった案のプレゼンテーションが行われ「シック」「ナチュラル」「メイクかわいい」「大人かわいい」の4案を発表していただきました。


どれもとても素敵な案だっただけでなく、お部屋に取り入れたい備えつけアイテムの提案やマンション内における各お部屋の配置までばっちり考えてくださっているという驚きの内容でした!


『賃貸のマサキ』側ではプレゼンテーションを受け、オーナーさんや施工業者さんと話し合いながら「どの案を採用とするか」「どこまでが実現可能か」のラインを見極める必要があり、それは後日改めて場を設けご報告という形にさせていただいておりました。


今回は、先日行われたその報告会の模様をレポートしていきます。




緊張の報告会……結果は?


奈良女子大学×賃貸のマサキ 地域創生プロジェクト第4弾・緊張の報告会……結果は?


去る11月某日、一堂に会したのは『賃貸のマサキ』スタッフと施工業者さん、そして奈良女子大学の先生と、今回のプロジェクトの主役である学生さん。


残念ながらこの日来られない学生さんもおられましたが、7名の方に出席いただきました。


奈良女子大学×賃貸のマサキ 地域創生プロジェクト第4弾・報告会


木原「皆さんのプレゼンテーションの完成度にびっくりしておりました。ありがとうございました」


さっそく本題。『賃貸のマサキ』スタッフから、まずは弊社役員(正木社長・正木会長・畑山専務)とマンションのオーナーさんにプレゼンテーション動画を見てもらった際の率直な反応が告げられます。


そしてその結果――、


木原「今回は全て採用させて頂くことになりました」


実は学生さん達にはもう事前にお伝えしてあったのですが、なんと4案すべて、お部屋の配置まで含めて採用させていただくことになりました!


奈良女子大学×賃貸のマサキ 地域創生プロジェクト第4弾・デザイン案



学生さん達の行き届いた提案、作りこまれた資料、熱のこもったプレゼンテーションの様子。

動画を見られたオーナーさんが「こんなに真剣に力を入れて、熱をこめてやってくれて本当にありがたい」と非常に感動しておられたそうで、『賃貸のマサキ』側としても「面識のないオーナーさんのためにこれだけ考えてくださっているものをああだこうだ言うのは違うんじゃないか」「これはもうできる限り全部、受け入れられるだけ受け入れていこう」ということで、このような判断とさせていただきました。


ひとえに学生さん達のがんばりが導いた結果というわけです。


ただし、内装プレゼンテーションと同時に5つご提案頂いた備えつけアイテムについてのみ、実現が難しく取り入れることができないという判断になったものもあります。


おしゃれな玄関照明は構造上つけられる広さがなく、キッチンの足元にクッションフロアという案も様々な実現方法を模索したものの今後の設備維持が難しさから採用を見送ることになりました。

また靴箱に姿見をつけるのも難しいということで、こちらは他につけられる場所はないかを現在検討中です。


奈良女子大学×賃貸のマサキ 地域創生プロジェクト第4弾・内装パース


色々なものを飾れる壁掛けレールは設置場所案までそのまま採用させていただき、室内物干しについても物干しの種類は提案と変わる可能性があるものの設置場所含めて取り入れさせていただく方向で進められています。


あわせてマンションの完成予定についてもご報告させていただきました。

当初は来年の2月末日完成予定で進めていましたが、新型コロナウイルスの影響により建築材料の輸入などに滞りが生じているため今のところ1ヶ月延ばして2022年3月25日の完成予定となっています。


奈良女子大学×賃貸のマサキ 地域創生プロジェクト第4弾・外観パース


実際のお部屋はぜひとも手がけた学生さんご自身に見ていただきたいのですが、マンションが完全に出来あがってからお披露目という形にすると4回生の皆さんの卒業後になってしまうので、完成前にお部屋の内装がひととおり出来あがった時点で見ていただく場を設けるという形になりそうです。


そして。ここでさらに嬉しい報告が。


建物の完成に先駆けて募集を開始したところ、なんとすぐに入居を決めて下さったお客様が居られるのです。

それも6件!


実際のお部屋をご覧いただくことはまだ不可能な段階ですが、どちらのお客様も学生さんから頂いた案をきちんと見て「この内装のお部屋がいい」と決めてくださり、楽しそうに選んでくださる様子に『賃貸のマサキ』スタッフとしても学生さんのアイデアの素晴らしさを実感したとともに、お部屋選びにおいて内装のもつ重要性を再認識させられました。


「やってよかった」


今回のプロジェクトに対する『賃貸のマサキ』スタッフの思いはまさにこれです。

感謝の気持ちを込めて学生さん一人ひとりと先生へ、焼き菓子をラッピングしてお贈りさせていただきました。本当に独創的で魅力的なすばらしいデザインをありがとうございました。


奈良女子大学×賃貸のマサキ 地域創生プロジェクト第4弾・記念品





学生さん達からは嬉しい感想が……


奈良女子大学×賃貸のマサキ 地域創生プロジェクト第4弾・学生さん達からは嬉しい感想が……


ひととおりのご報告が終わったところで、学生さんから今回の企画への感想を一人ずつ順番にいただきました。


前回、コラボ企画第3弾として2年前に行われたリノベーションに参加した学生さん達からは

「前とはまた違うことを考えるのがすごく楽しかった」

「今回は自分が一から“いいな”って思ったものを提案できた」

という声や、早くも入居を決めてくださったお客様に対して

「私達が一生懸命考えたものが伝わってすごく嬉しい」

といった、こちらも嬉しくなるような感想をいただくことができました。


また、学生さんご自身が1回生の時に自分のお部屋をかわいくしたかったけれどお金の問題などで満足にできなかった、その悔しさを今回の提案に反映させて

「部屋自体がかわいいというのを案として提案できたのは自分としてもすごく満足」

という素敵な思いも聞かせてくださりました。



今回がコラボ企画初参加の学生さん方からも

「自分達のつくった案が実際にできるっていう体験を今までしたことがなかったので嬉しかった」

「内装メインで考えるっていうのが初めての経験だったので、自分の家のなかでこの色どうかなとか考えながらやってみて、内装を考えるのもすごく楽しいなという風に思った」

「自分達が形にしたものを実際にお客様に選んでもらう喜びとか楽しさを知ることができた」

といった感想や、

「建物が作られる流れというものをここまで詳しく体験できることは今までなかったので本当に勉強になった」

「これからの自分にも繋がるかなという体験ができた」

という大きな手ごたえのある言葉をいただけました。


まさに企画を「やってよかった」。彼女たちのこれからが非常に楽しみですね。


奈良女子大学×賃貸のマサキ 地域創生プロジェクト第4弾・感想


そんな学生さん達からの感想を受けて施工業者さんからは、「プレッシャーを感じてます」としながらも

「皆さんをがっかりさせないように今から現場としっかり打ち合わせして作っていきたいと思います」

と心強い約束の言葉をいただきました。


アイデアを現実にしていく立場としてこれから本格的に頑張っていただくことになりますが、よろしくお願いいたします!





私達も勉強になりました!


奈良女子大学×賃貸のマサキ 地域創生プロジェクト第4弾・私達も勉強になりました!


奈良女子大学×賃貸のマサキ 地域創生プロジェクト第4弾・私達も勉強になりました!


その場にいる『賃貸のマサキ』スタッフからも感想を述べさせていただきました。


「どの案もひとつひとつこだわりが詰まっているのを感じる内容」

「今回考えていただいたようなアイデアは不動産の人間や施工の業者さんからはまず出てこないようなもの」

「今までは設備や家賃・立地などに注目していたが、実際に今回の内装デザイン案を楽しそうに見て入居を決められたお客様を目の当たりにして、内装というものはこんなに人の気持ちを動かすのかと改めて思った」


本当に、こちらもたくさん勉強をさせていただく形になりました。


内装にとことんこだわるという今回の試みをひとつのモデルとして『賃貸のマサキ』全体として共有させていただき、成長の機会とさせていただけたらと思いました。


「絶対に満室にします」

内装を考えてくださった学生さんや実現に向けて柔軟に動いてくださる施工業者さんに深く感謝して、スタッフ一同そう誓ったのでした。





お部屋の完成をお楽しみに!


奈良女子大学×賃貸のマサキ 地域創生プロジェクト第4弾・お部屋の完成をお楽しみに!


いかがでしたでしょうか。


前回のプレゼンテーションレポートだけでは学生さん達のアイデアのすごさをお伝えしきれなかったかもしれませんが、今回全面的に採用が決まったという流れから大いに感じていただけたのではないでしょうか。


7月から続いてきた学生さん達の奮闘はこれにてひと段落し、あとは施工業者さんや私たち『賃貸のマサキ』スタッフがバトンを引き継いでアイデアの実現およびマンションの完成、そしてマンションを満室にするという目標のもと頑張っていくことになります。


このレポートとしては、次回はまた来年、実際にできあがったお部屋を学生さん達に見てもらう様子をお伝えさせていただくことになると思います。


それまでに入居予定が満室になっていれば万々歳。ご期待ください!






【奈良女子大学×賃貸のマサキ 地域創生プロジェクト】アルヴァローレ北町


【奈良女子大学×賃貸のマサキ 地域創生プロジェクト】のアルヴァローレ北町最新空室情報


奈良女子大学生プロデュースの『アルヴァローレ北町』の物件情報はこちら





【2021年奈良女子大学×賃貸のマサキ 地域創生プロジェクト第4弾】記事一覧


【2021年奈良女子大学×賃貸のマサキ 地域創生プロジェクト第4弾】


【2021年奈良女子大学×賃貸のマサキ 地域創生プロジェクト第4弾】~レポート1 初顔合わせ~

【2021年奈良女子大学×賃貸のマサキ 地域創生プロジェクト第4弾】~レポート2 LIXILショールーム見学~

【2021年奈良女子大学×賃貸のマサキ 地域創生プロジェクト第4弾】~レポート3 内装プレゼンテーション発表会~

【2021年奈良女子大学×賃貸のマサキ 地域創生プロジェクト第4弾】~レポート4 報告会~




「奈良女子大学×賃貸のマサキ」地域創生プロジェクトまとめ


【2017年】「大人カワイイお部屋への華麗なる変身!メディアも注目したプロジェクト!?」



>>詳細はコチラ


【2018年】「2018年の夏も学生のためのお部屋プロジェクト、始動します!」



>>詳細はコチラ


【2019年】「令和もやります!学生のための学生によるお部屋プロジェクト始動!」



>>詳細はコチラ


関連記事


【2017年天理大学編】「疲れをリセットできる部屋づくり~学生のためのお部屋作りプロジェクト」



>>詳細はコチラ




各提携大学から探す(仲介手数料最大無料)


≪ 前へ|【受験時のホテルの選び方】選び方の基準や予約をする時期・方法は?   記事一覧   奈良の大学賃貸専門家「木原一憲(キハラカズノリ)」|次へ ≫

タグ一覧

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る

いつでもどこでもスマホでラクラクお部屋探し 無料公式アプリ